2017年4月22日土曜日

肌断食始めてみます

前から興味があった肌断食を始めてみました。
宇津木式を参考に、ゆるやかにやってみようと思います。 

今までは洗顔後にオーガニックの基礎化粧品、Aubrey、Burt's Bees、Andalou Naturals 、Avalon などを使っていました。
肌に良い成分のものを使っているつもりでしたが、つけてもつけてもガサガサした肌荒れが治らず、お値段の高い商品を買ってみたり、アイクリームやナイトクリームなどを増やしたりしたところ、塗れば塗るほどべたつく感が増すだけでした。

もう年だし肌は劣化してしまったんだ。若い頃と違って、いくらスキンケアしてもたいした効果はないんだ、とあきらめつつありました。 

コテコテに塗った顔を洗う時は、洗顔というよりも大量につけたクリームを洗い流す感覚があり、洗顔後はピリつくほど乾いた肌にスキンケア商品を塗りつける、というのを繰り返しているうちに、今やっているスキンケアは肌のためになっていないのではないか、と思い始めました。

肌断食を知り興味を持ちましたが、いきなり洗顔後に何もつけない、というのは抵抗がありました。
最初はいつも使用する化粧水、美容液、乳液、アイクリームやナイトクリーム、1つだけやめてみました。
一つでもやめると、足りない、塗りたい気持ちになりましたが、我慢です。

何十年も当たり前にしていたことをやめる時は勇気がいりますね。 
次にもう一つ、その次にもう一つと減らし、最後には何もつけなくなりました。
基礎化粧品を一つもつけなくてもいいスキンケアができるようになった時は、目から鱗が落ちる思いでした。 
洗顔後に何もつけないと乾燥するので、ワセリンをつけています。


メディカルグレードのホワイトワセリンをamazonで購入。が中身が 3.25oz (97.5ml) のチューブ3本セットで$7.04。これでスキンケアができるならお得です。

ホワイトワセリン

宇津木式のワセリンのつけ方をしています。
米粒量のワセリンを手の平で温めて伸ばし、顔に手の平を押してつけます。
 ワセリンは冷たいと固くて塗りにくいけど、手の平で温めると柔らかくなり伸びて塗りやすくなります。
つけすぎるとべたつくので注意です。 

つけないスキンケアで皮膚機能の働きを取り戻せるといいな。
今のところ、肌荒れも特に起こらなく問題ないので、続けていこうと思います。

2017年4月18日火曜日

重曹 シャンプー

石けんシャンプーを始めて3年経ちました。
今は湯シャン。湯シャンだけだとどうしてもベタつき、脂っぽさが気になるので、そんな時は石けんで洗います。

ノープーになって、シャンプー、コンディショナーを買わなくなりました。私の生活にとっていらないものだったんだ、と気付きました。掃除もケミカル商品を避けるようになったので、その代わりに重曹をよく購入します。重曹は、料理、掃除、入浴剤などマルチに使え、安価で人と環境に優しいので、その働きを見直しています。

重曹で洗髪をしてみました。
重曹はアルカリ性、その性質を使って頭皮の汚れや皮脂を落とします。お菓子などに使われることから、体に入っても安全なので、髪を守りながら 洗髪することもできるのでしょう。

 作り方
 重曹をスプーン一杯コップに入れます。


30〜40度くらいのお湯を注ぎ、混ぜると重曹が溶け、ざらざらがなくなります。
これが重曹シャンプー

リン酢。スプーン1、2杯の酢を水で薄めて作ります。
できたシャンプーとリン酢をボトルに入れて、お風呂にセット。


洗い方
お湯で髪を洗った後、重曹シャンプーを髪につけます。 泡が立たないので、最初は違和感がありますが、これが重曹シャンプーなのだということで納得したい。

重曹シャンプーを髪全体に行き渡らせ、指で頭皮を丁寧にマッサージします。
泡はなくても、頭皮の脂っぽさが取れるのを感じました。
石けんシャンプーで、泡が立つと洗ってる感があり、泡=洗浄という思い込みがありましたが、泡はなくても汚れを落とすことができると感じることができました。
洗い終わったら、シャワーで流し、その後はリン酢。

いつも石けんシャンプーを使っているせいか、きしみはありませんでした。
頭皮のベタつきがなくなり、さっぱりした洗い心地。お湯だけでは落ちにくい汚れが落ちたと思います。

2017年4月13日木曜日

パスポートの写真

パスポートの更新は、有効期限の1年前からできます。

期限の1年前を迎えました。まだ時間はあるけど、更新をうっかり忘れないようにしようと思っています。
気になるのは写真です。前回は写真をCVSで撮りました。
たった2枚の小さな写真に$12もかかり、できた写真が変な顔で気に入らなかったのを覚えています。

でも、顔が気に入らないから、とお店の人に取り直しを頼むのも気が引けたので、我慢して10年用パスポートに使いました。
ふと今回は自分で写真を撮れないだろうか、コストも抑えることもできるんじゃないかと考えました。

探すと、同じようなことを考えている人はいるようで、パスポートの写真を作れるサイトがいくつかありました。
自宅で印刷できるサービスもありましたが、写真用の紙を買わなきゃいけないし、一枚か二枚でいいので、作ってくれるところを探したところ、ePassportPhoto.com というサイトで、2枚送料込みで$7.99というのを見つけました。

家で、白い壁を背景にデジカメのタイマーを使って自分の写真を撮りました。
その中で気に入った写真をパスポートサイズの2in x2in の大きさにトリミングして、色を少し明るくしてアップロード。
次の画面で、名前や住所やメアドを入力してオーダー。支払いはカードで。5日から10日で郵送で届くそうです。
パスポート写真は、できれば写りの良い写真を使い、コストも抑えたいですよね。


2017年4月1日土曜日

石けんなしお風呂

私は乾燥肌で、冬になると手足が粉をふいたようになります。
寒くなると加湿器をつけ、お風呂上がりはクリームをべったり塗っていました。
 
乾燥対策に、3月からお風呂は湯船に10分ほど浸かるだけにして、石けんを使わないようにしてみました。

最初は石けんを使わないと違和感があり、週1、2回は石けんを使いました。慣れてくると、石けんで洗わなくてもお湯にゆっくりと浸かるだけで、汚れは十分に落ちたと感じるようになりました。
一ヶ月続けてみたところ、悩みだった粉ふきがなくなりました。 

石けんで体を洗うと、すっきりして清潔感がありますが、体に必要な皮脂や常在菌を落としてしまいます。それでお風呂上がりは肌がカサつき、クリームを塗りたくる、ということを繰り返していたのです。

人の皮膚に存在する常在菌は皮脂や汗をエサにして育ち、脂肪酸やグリセリンを生み出し、肌にとって一番の天然のクリーム「皮脂膜」を作ってくれます。常在菌の働きによって、肌は健康な状態の弱酸性に保たれ、病原菌を防いだり、免疫バランスや水分が保たれます。 

この常在菌を根こそぎ洗い流すと、肌がアルカリ性に傾き、つっぱりやかゆみを感じたり病気になりやすくなったりします。肌を健康な弱酸性に保つためには、常在菌とそのエサになる皮脂や汗が必要、ということです。

良かれと思っていた石けんで洗いすぎ、クリームで保湿しすぎ、かえって肌を痛めていたようです。
石けんなし(控えめ)のお風呂を続けて、皮膚の常在菌を育て、肌を回復させていきたいと思います。

2017年3月31日金曜日

新しいシューズ

今までのシューズが古くてボロボロになってきたので、新しいシューズを買いました。


ryka(ライカ)のシューズ。walmart で$30。サイズは6.5。

春らしく明るい色にしようかとも思いましたが、普段のウォーキング、買い物に履くので、汚れても目立たない黒にしました。
軽くて歩きやすく、中敷のクッション機能が柔らかく足にフィット。履き心地もいいです。

買い物の帰り道。清々しい空。
足が軽くて歩きやすいので、ちょっと遠回りをしました。
新しいシューズを履くと気持ちも新鮮になります。

2017年3月27日月曜日

春のFlower & Garden Show

毎年春に催される市内のFlower & Garden Showに行きました。
テレビやラジオで宣伝を見聞きするたびに行きたいなと思っていたけど、なんとなく怠けて延ばしていました。最終日にようやく足を運び、日曜ということで人だらけでしたが、見事なガーデンと花々を堪能できました。

ガーデンだけでなく、ガーデニング用品や苗販売のお店も出ていて、あちこち覗きました。手作り石けんのお店もあり、側を通った時にふわっと良い香りがして、思わず立ち寄りました。

手にとって見ると、大きめのサイズでお得感のある石けんにおおっ!と感動。手作りの素朴な色合いとカットの仕方。EOをミックスしたアロマの香り。私の石けんは一ヶ月乾燥させるとかなり香りが飛んでしまうので、これくらい香りを残したいと思った。もっとEOを入れればいいのかな?

女性客が多く、石けんを手にして口々に、smell so nice!と感嘆の声を上げ、オーナーさんに、この店のウエブはありますか?お店の名刺をください、と頼んだり、商品について質問したり、すごく活気があり、人気のあるお店でした。オーナーの女性は接客や会計に大忙しといったところ。私も石けんを作っているので、興味があるし、商品が素敵だったから飽きることなく物色して長居しました。

本日のお買い物はエアプランツです。おしゃれなインテリアでよく見かけますね。初めて育てます。蕾が付いているので、開花が楽しみ。
育て方は、1ヶ月に1度か2度、3〜4時間水に浸すだけだそう。
ワインコルクに穴を開けて根元を入れてみました。


2017年3月24日金曜日

グレープフルーツの皮 入浴剤

冬はお風呂でゆっくり温まるのが楽しみな時間。
子供の頃、冬になるとみかんの皮をお風呂に入れていたのを思い出し、フルーツの皮を入れたくなって、グレープフルーツの皮を使ってみました。


・グレープフルーツを重曹でよく洗い、残留農薬を落とす。
・ネットに皮を入れてお風呂に浮かべる。

グレープフルーツのお風呂は、血行を良くして老廃物排出、むくみ解消、ダイエットに効果があります。精油が含まれているので保温にもなる。
皮を良く洗ったせいか、肌への刺激はなかったです。 

天然の爽やかな香りでリラックスでき、いつもより長めに浸かって温まりました。