2017年11月19日日曜日

落ち葉のウォーキング

曇り空の日曜日。
夕方から雨になるとの予報を聞き、雨の来る前にウォーキングしました。
家から少し足をのばすとウォーキングルートがあります。
見事だった紅葉が終わって、落ち葉の道になっていました。
足元でカサカサ音を立てて歩く。これもいいものですね。
大きな池があり、向こう岸はまだ紅葉してました。 
これが青空だったらきれいだろうな、と思う空模様。
いちおう傘を持ってきたけど、使わずにすみました。
気温はというと、もうお昼なのに結構寒い。
小さな池には薄氷が張っていました。
寒くて今日は止めようかなと思ったけど、夫と二人で帽子とマフラーと手袋をして、完全防備で出かけました。
自然の中を歩くと、空気が澄んでいてリフレッシュになりますね。
こもりがちな寒い日が続くと、外を歩いて気分転換したくなります。

一時間歩いて、一万歩行きました。
歩かない日は5000〜8000歩くらいです。
意識して歩かないと一万歩はいかないですね。
一万歩いってもいかなくても、心身の充電とダイエットにもなるので、できるだけ歩こうと思っています。

2017年11月12日日曜日

冷凍庫の掃除

冷凍庫のお掃除をしました。
中には冷凍食品、アイス、保存食、いろんなものが入っていて、ごちゃごちゃになりがち。
冷凍だから大丈夫だろう、と掃除も後回しになりがちな場所でした。 

冷凍庫の電源を切り、中のものを全部出し、掃除の間はクーラーボックスに移しました。
賞味期限のきれた冷凍食品があり、冷凍だから大丈夫かも?と考えたけど、こういうのが臭いの原因になったりするので、思い切って捨てました。 

中全体をお湯で絞った布で拭きました。
中身を全部出さないと見えなかった奥底の汚れ、凸凹して手で拭き取りにくい箇所の汚れは、重曹水スプレーをして、古くなった歯ブラシを使うと落としやすい。
冷凍庫の霜は、お湯につけたタオルを当てると溶けました。
ドア側のポケットも拭きました。
乾いたら、最後にアルコールスプレーをして全体を拭きました。
冷凍庫は常温にすると掃除しやすいですね。
気になっていた冷凍庫の霜と汚れがなくなり、さっぱりきれいになりました。

2017年11月9日木曜日

冬に向けてインドアガーデン

ここ数日間、外に並んでいたプランターを中に移動していました。
一気にすると疲れるので、数日に分けて。
まだ寒い外にいるプランターがあります。
今夜から明け方にかけて強烈に寒くなり霜が降りるという天気予報を聞き、霜に当てては大変と最後の移動をしました。
春~秋の花はほとんど終わり、花は少なくなりました。寒さに強いベゴニア、ゼラニウム、パンジーなどが開花しています。
これからは、観葉植物、アロエ、サボテン、多肉など緑中心のインドアガーデンですね。
挿し木をしたポトスが成長中。
ポトスは、NASAで認められた空気清浄効果のある植物「エコプラント」に入っていますね。
育てやすいので、キッチン、ベッドルームにもいくつか置こうと思って増やしました。
観葉植物のグリーンがあると家が明るくなり、葉からの水分でお部屋の湿度を保ち、緑は眼の疲れを和らげてくれます。
家にグリーンがあると眺めるだけでほっとくつろげますね。
ちょっと増えすぎてしまったのですが、工夫して配置してみようと思います。

2017年11月5日日曜日

冷蔵庫 重曹掃除

冷蔵庫のお掃除をしました。
重曹スプレーした後に拭き、アルコールで拭いて除菌。
食べ物に関わる場所なので、強い洗剤は使わずに、ナチュラルクリーニングでいきたいですよね。

普段は全部中身を出さず、部分的に中のものを動かして、スペースを作ってお掃除。
ドアを開けてパッと目につくところはきれいになってる感じかな。
 久しぶりに電源をoffにし、中身を全部出してみました。
棚と引き出しを取り外してみると、見えにくい場所に汚れが結構たまっていました。
全体に重曹スプレーして10分ほど放置して拭きました。
重曹スプレーは油汚れが浮いて拭き取りやすくなりますね。
その後はアルコールで拭いて消毒です。
一番下の棚と引き出しは、大きくてシンクで洗えないので風呂場行き。
つい面倒だと思ってしまうので、この作業は元気のある日にがんばります。
棚の奥や横のべたつき、引き出しの底に野菜の汚れがたまっていたので、重曹ペーストでパック。
こちらも約10分放置、シャワーで流すときれいになりました。
アルコールで拭いて元の位置にお帰りです。
冷蔵庫がすっきりときれいになりました。

2017年11月2日木曜日

手作り石けんのph

手作り石けんのphを計ってみました。
実は、今まで石けん作りをしていて、計ったことがありませんでした。
計った方がいいのでしょうが、家で使うだけだし、使い心地が良ければ、数字をきっちり出す必要もないかと思っていて。

何種類かの石けんを作っていて、それぞれ肌あたりが違います。
オイルの種類、熟成期間、季節にもよります。
一度ボディ用石けんで洗顔した時に、 洗顔後につっぱりを感じました。
全身使える石けんを作りたかったけど、ココナッツオイルが入っていると、体は大丈夫でも顔には刺激が強いのでしょう。
そう考えて、洗顔石けんはオリーブオイルのみで作っています。

ラウリン酸が含まれているココナッツオイルを入れると泡立ちが良く、酸化しにくく溶け崩れしない硬い石けんになりますが、入れすぎると肌への刺激になります。

手作り石けんのphのことが気になり、amazonでリトマス紙を買ってみました。
ph7が中性。弱アルカリは8~11。ph7より数字が大きければアルカリ性、小さければ酸性になりますね。
市販の石けんはph10~11、手作り石けんだとph8~10あたりでより肌に優しくなってるはず。
さて、私の石けんはどうでしょう。(色の悪い写真ですいません)
洗顔用 オリーブオイル100%(熟成6ヶ月目)
ボディ用 オリーブオイル65% ココナッツオイル20% パームオイル15%(熟成4ヶ月目)
掃除用 キャノーラオイル20% ココナッツオイル40% パームオイル40%(熟成4ヶ月目)

洗顔石けんはだいたいph7かph8。洗顔後にもつっぱり感がなくしっとり。
ボディ石けんはph8くらい。手と体が乾燥せず穏やかに洗えます。
掃除石けんは濃い緑でph9かな。この中では一番アルカリ性が強い。

3つとも緑か黄緑。微妙に違うけど、弱アルカリ性の範囲で落ち着いていました。
洗顔、ボディ、掃除、の順で緑が濃くなっているので、ラウリン酸の多いココナッツオイルの量と熟成期間(長く熟成させると中性に傾く)がphの値を左右するのだと思います。

2017年11月1日水曜日

オリーブオイル100% 洗顔石けん 

もう11月。日ごとに寒くなってきましたね。
4月末に作ったオリーブオイル100%の洗顔石けんを熟成させて、ようやく半年経ちました。
待ちに待った解禁日。柔らかかった石けんが、月日とともに固くなってきました。
オリーブオイル100%の石けんは、手だけだとねっとりして泡がなかなか立たないので、泡立てネットを使います。
ネットが使いやすいように小さめにカットしました。
ネットを使うと、柔らかくて細かい泡が立ちます。
エッセンシャルオイルは入れず無香料で作ったので、オリーブオイルベースの石けんの香りだけ。香り付けも好きだけど、無香料というのもまた好きです。
洗顔後はしっとりして、しばらく何もつけなくてもつっぱりません。
オリーブオイルだけで作った石けんは溶け崩れしやすいので、石けん皿の水切りをまめにしよう。
洗顔石けんが出来上がりました。

2017年10月21日土曜日

廃油石けん

日本では家族と出かけたり、懐かしい友達に会ったりバタバタしていました。
しばらくの休暇を楽しんだ後、アメリカに戻って参りました。 

実家にいた時に廃油があるのを見つけました。
何年も放置してあり、いつか捨てよう、と思いながらそのままにしていたという母。
それならばと石けんを作りたくなりました。
苛性ソーダがないので、ネットで「ねば塾 フレフレリサイクル」という商品を見つけて買いました。
廃油400gを石けんにリサイクルできる量なので、使い切って残さずにすみます。
便利な商品があるのですね。
商品を開けると、説明書があり、レシピと作り方と石鹸作り作業の注意などが書いてありました。

商品説明より****
空になったペットボトルに水と本剤を入れ、廃油を入れて振るだけで、リサイクル固形石鹸がつくれます。

成分
本薬剤:オルトケイ酸ナトリウム
乳化補助剤:純石鹸パウダー(脂肪酸ナトリウム) 

ご注意
本剤(オルトケイ酸ナトリウム)は、水に溶かすと、強いアルカリ性になります。直接手や肌に触れないよう注意してください。(石鹸になってしまえば安心です) 

用途
食器洗い、ズック洗い、お洗濯などなど。(洗顔やお肌には適しません)
**** 

簡単に作れるけど、本剤は強いアルカリということで、苛性ソーダと同じく、ゴム手袋、メガネ、マスク、袖カバーを準備して始めました。
準備
水 50ml
廃油 100g
石鹸の素 25g(一袋)
25g入りが4包入っています。
洗ったペットボトルに水50ml入れます。
石鹸の素一袋(25g)をペットボトルに入れて、キャップをしっかりと閉めて振って溶かします。
石鹸の素の粉を口の小さいペットボトルに入れにくかったので、広告を丸めて漏斗を作りました。こうすると粉がサラサラとボトルに入りやすい。
水と石鹸の素を混ぜて、ペットボトルをシャカシャカ振ると、温度が上がり熱くなります。 石鹸の素が溶けるまで休みながら降りました。
石鹸の素が溶けたら、廃油100gを入れ、再度ペットボトルを振ります。 振っては休み、振っては休み、を20分程続けると、トロッとしてきました。石鹸作りで言うところのトレースでしょうか。
とろみが出てもったりした生地。こんなものかな?
豆腐の容器に入れました。後で取り出しやすいように、下にクッキングペーパーを敷きました。
何度か油が表面に浮かんできたので、スプーンで全体を混ぜてなじませました。
3日後に、型出しできました。
触ると柔らかくて表面がベタッと油っぽい。でも失敗せず形になったのでうれしいです。
これから乾燥、熟成させて、リサイクル廃油石鹸になる予定です。