2018年1月18日木曜日

食材で美容パック

冬になると、髪も肌も乾燥気味になりますね。
オイルだけのシンプルスキンケアにした頃から、パックやマッサージもしなくなっていました。
髪は重曹シャンプー、石けんシャンプー、リン酢、シカカイシャンプーなどの自然のものを使うのみで、コンディショナー、ヘアパックはなし。
なんとなく髪も顔も調子がいまいちの1月。何かプラスαした方がよさそうなので、美容パックを作ってみました。

石けん作りで有名なBrambee Berry のCEO Ann Marie さんもおすすめだという食材のパックです。 石けんの記事を読んでいたところ、こちらに興味が移りました。
アボカドパック 
アボカドは森のバターと言われていて、アンチエイジング効果のある脂肪酸、ビタミンEが多く含まれています。
保湿や美白成分、ビタミンもなども配合されていて美容に良いようです。 

作り方
アボガドを潰して、はちみつ、ココナッツオイル、ヨーグルトなどを入れてよく混ぜる。
フェイスパックには保湿効果のはちみつ、ヘアパックにははちみつとココナッツオイルを入れてみました。
バナナパック 
バナナにもビタミンや保湿のマグネシウムなど含まれていて、美容効果があるようです。
ビタミンBと葉酸はキューティクルを整え、頭皮の乾燥を防ぐ効果あり。 

作り方
バナナを潰して、はちみつ、ヨーグルト、ココナッツやオリーブオイルなどを入れてよく混ぜる。
フェイスパックにははちみつ、ヘアパックにははちみつとココナッツオイルを入れてみました。 

どちらもねっとりしてパックらしい質感。
オプションを入れると垂れてくるので、お風呂の中でパックしました。
髪になじませてラップで頭を巻き、洗顔後の顔にも塗って、10~20分置いて流します。その後洗髪です。 

感想
バナナヘアパックもアボカドヘアパックもパサついた髪がまとまりました。静電気もなくなり、ブラッシングがなめらかに。
フェイスパックも、アボカド、バナナともに肌にうるおいが戻った感じです。

失敗点
バナナもアボカドももっと細かく潰せばよかったです。
スムーズなペースト状になっていないと塗りにくく、塗っても固形物がボタボタ落ちやすかった。ミキサー使うといいかも。

食材の美容パック、潰しがゆるかったのが難点でしたが効果ありました。
アボカドもバナナもよく食べるのでたいてい常備してあります。
簡単に作れるので、これから定期的に作ってパックできたらなと思います。

****
ご訪問と応援をくださってありがとうございます。

2018年1月10日水曜日

ひよこ豆で味噌作り

寒波が来て大雪の毎日です。
昨日、今日は少し暖かくなり雪が溶けたので、朝の雪かきが楽になりました。
味噌作りの季節ですね。
手作り味噌は市販の味噌よりも美味しいので、去年も作りました。
味噌と言っても大豆ではありません。去年はnorthern beans(ブログは書いてないですが)、今年はひよこ豆で作ってみました。手作り味噌は、大豆以外でも美味しくできますね。
オーガニックのBrown Rice Koji(玄米麹)をアマゾンで買いました。きっと海外でも味噌や甘酒など発酵料理を作ってる方は多いのでしょうね。

レシピ
Bob's Red Mill の Garbanzo Beans(ひよこ豆)
Organic Brown Rice Koji(玄米麹)

量は、豆 1 : 麹 1.2 : 塩 0.5 にしてみました。
 
去年は、豆 1 : 麹 1 : 塩 0.5 でした。 減塩タイプを作りたくて塩を減らそうかと考えたのですが、塩を減らすとカビやすくなるようです。
減塩したい時は、塩を減らさず麹を増やすとよいようですね。
麹を増やすと甘みが出て、減塩効果にもなるようなのでそうしてみました。
ひよこ豆を一晩水につける。
翌日、アクを取りながら豆が柔らかくなるまで茹でる。
数時間ずっと煮続けずに、しばらく沸騰させてから鍋をガスから降ろしてバスタオルで包んで2時間ほどおき、また火にかけました。
これを2回したら、指で潰せるくらいに豆が柔らかくなりました。
圧力鍋ならもっと早くできるし、時間があるなら鍋を包んだり、クロックポットも使えそうですね。
茹で汁は後で使うので、捨てずにとっておきます。
ひよこ豆を茹でてる間に塩麹を作ります。
塩と麹をむらなく混ぜます。 (塩は全部入れずに最後に振りかける分を残す。)
ひよこ豆が柔らかくなったら、ビニール袋に入れて、めん棒で潰しました。
なかなか潰れないので小分けにしてみた。根気よく。
ひよこ豆が潰れたら、塩麹と混ぜます。
豆の茹で汁を加えて、味噌玉が作れるくらいに柔らかくする。入れすぎるとカビやすくなるので注意。
アルコールで消毒した容器に味噌玉を作って入れます。
空気を入れないように手で押し付けて入れていきます。
カビ防止に塩とウォッカを振りかけ、表面が空気に触れないようにラップを貼りました。
蓋をしてこれから冷暗所で保存します。
発酵が上手くいって美味しく出来るといいです。

****

ところで、ひよこ豆の煮汁を捨てるのがもったいなくて、飲んでみたところ、甘くて美味しかった。
味付けもしてないのに、こくがあって甘く、栄養のありそうな味。
ひよこ豆ティー(?)これに生姜を入れたら冷え防止ホットドリンクになりそう。
残りの煮汁がまだあるので、スープなどに使ってみようと思います。

****
ご訪問と応援をくださってありがとうございます。

2018年1月6日土曜日

化粧水と乳液

去年の春くらいから化粧水をやめて、洗顔後にオイルを使っています。
ホホバオイル、アルガンオイル、ココナッツオイルなど。
初めは単体で使っていましたが、今はオイルがミックスされた、nourish organic のアルガンオイル(ざくろとローズヒップ配合)/ $15 を使ってます。
美容効果の高そうなオイルが3種類も入っているから、これはお得と思って。
オイルスキンケアだと、他の商品を買わなくてもいいし、スキンケアの手間も省けます。
肌の調子も良いので続けていましたが、寒さのせいでしょうか、この頃どうも肌がガサガサするようになってきました。
グリセリン水を塗ったり、別のオイルを使っても治らなくて、オイルスキンケアが合わなくなったのかもしれないと思い、また一般のスキンケアに戻ってみました。
 whole foods で化粧水とローションを買いました。
Burt's Beesのフェイシャルウォーター フェイシャルウォーター ($12) はアルコールフリーで、intense hydration(強い保湿)。
強い保湿、とまではいかないけど、普通の化粧水として使えてます。
テスターで試して買いました。テスターがあると助かりますね。ネットで買うと、香りや質感が想像していたものと違ってがっかり、ということが何度かあったので。

アメリカのトナーは、たいていアルコール入りで、洗い残しを除去する拭き取り用が多いですよね。日本の保湿のための化粧水とは別物。
アメリカに化粧水はないと思っていたので、オーガニック系の化粧水を見つけるとうれしくなります。
アジア系の人は多いし需要はあるだろうから、買いやすいお値段の化粧水がこれからもっと増えるといいですね。

nourish organicのフェイスローション (ノーマル~ドライスキン)/ $15 も買いました。
伸びやすく、軽くてベタベタしないです。
これと持っているオイルを合わせたり、交互にスキンケアしています。 

肌断食は挫折して、オイル美容も中断。 これ、というスキンケアに落ち着かなくて、ころころ基礎化粧品を変えてます。

2018年1月2日火曜日

冬の白髪染め ヘナ

明けましておめでとうございます。
元旦だけ休日で、今日からは平日です。
お正月ムードはありませんが、新しい年を迎えると気分も新たになりますね。去年を振り返って、できなかったことができたらいいなと思います。
2018年がみなさんにとっても素敵な一年となりますように。

新年早々ですが、今年初のヘナ白髪染めをしました。
白髪が増えてきたので、月に一度ヘナ染めをしています。
白髪は黒くはなりませんが、オレンジ色に染まり、黒髪に紛れて白ほど目立たなくなります。
ヘナは白髪を染めるだけでなく、頭皮に浸透して身体のデトックスもしてくれますね。
ヘナ後はなんとなく体が楽になるので、体の疲れリセットのためにも続けています。
 
冬のヘナは体を冷やすといいますよね。
寒いと染まりにくいし、体も冷やしたくありません。
温かい紅茶でヘナを溶き、温かいヘナペーストを作って頭に塗りました。
ビニールで頭をカバーして、その上から汚れてもいいタオルで保温。
さらに、古くなった毛糸の帽子をかぶりました。
こうすると頭がぽかぽかして気持ちいいですよ。 

ヘナ中は温かいお茶を飲んで体をあっためました。
終わったら、流す前にお風呂に入ります。
体が温まって、染まりが良くなる感じ。
バスタブの中でヘナを落としてヘナ風呂にすると、湯あたりが柔らかくなり、上がったあとも湯冷めしにくいです。
肌もバスタブもヘナ色に染まりませんが、入浴後はすぐ洗うようにしています。

寒い日のヘナは意識して体を温め、冷やさないようにしています。
髪も身体も元気でいられますように。

****
ご訪問と応援ありがとうございます。

2017年12月31日日曜日

洗顔石けん

今年も最後になりましたね。
クリスマス明けに夫が休みに入ったので、片付けを手伝ってくれました。
不用になった大きな家具をリサイクルに出したり、古くなったカーペットを剥がしたり、日頃一人ではできなかったことができて、大分すっきりしました。気分よく新年を迎えられそうです。

ところで、4月に作ったオリーブオイル100%の洗顔石けん、良い使い心地ですが、ふと在庫を見ると、いくつかの石けんに茶色っぽいしみができていました。
いわゆるDOS(Dreaded Orange Spots / ひどいオレンジスポット)ですね。
酸化して変色してしまったようです。
臭いはなくて使えるけど、石けんなのに清潔感がないですよね。
見るたびにスポットが広がっているので、手洗い用に下ろして早く使い切ったほうが良さそう。
新しく洗顔石けんを作ることにしました。 

酸化の原因を調べてみました。
・不飽和脂肪酸のリノール酸、リノレン酸が多い
・不飽和脂肪酸が多く、溶け崩れしやすい石けんレシピ
・古いオイル、品質の悪いオイルを使用
・スーパーファットが多すぎる
・日光の当たる場所、湿度、温度の高い場所での保存

酸化を防ぐためには
・新しいオイルを使う。お店の棚に長く置いてあるオイル、安くなっているオイルは、品質が良くない可能性があるので注意。グレードの高いもの、名の通った石けんの専門店なら信用がおける。
・酸化しにくいオイルを使う
・スーパーファットを入れすぎない
・日光を避けて、通気性があり涼しい場所で保存する

オリーブオイルはオレイン酸が主成分、ビタミンEも含んでいるので、酸化しにくいオイル、と思っていました。
私の行くお店(トレジョ)には10種類くらいあり、オリーブオイルと言っても、種類によってかなり成分と効果が違うらしい。
前回は料理には使わない安価なピュアオリーブを使いました。
これが原因だったのかもしれないです。 

今度はエクストラバージンオイルを使ってみました。
今までは、高い、石けんなのにもったいない、と考えていましたが、一般の洗顔石けんを買うことを考えると、そうでもありませんね。
節約も兼ねて始めた石けん作りでしたが、洗顔石けんにいたっては、あまり費用をケチらない方がいいかも。
ココアバターを入れ、前回よりも溶け崩れしにくいレシピにして、小さな石けんを4つ作ってみました。
作る量を少なくして、古くなる前に使い切るのもコツかなと思いました。
3日で型出しできました。
エッセンシャルオイルはなしだけど、ココアバター入りなので、ほんのりとココアの甘い香りがします。
これから熟成、乾燥に入ります。
今度は酸化スポットができませんように。

****
今年一年ご訪問、応援くださってありがとうございました。
拙いブログですが、書くことで記録にもなるし、暮らしの気づきというか、生活のハリにもなったように思います。来年は、もっと更新できるといいです。
大晦日の今日、こちら東海岸はマイナス20度で凍てつく寒さです。アメリカの方も日本の方も、暖かくしてお過ごしくださいね。
どうぞ良いお年をお迎えください。

2017年12月25日月曜日

クリスマス 

クリスマスですね。
毎年夫の家に行っていましたが、先日義両親はシニアコミュニティーに入居しました。
田舎の大きな家は住みにくいので手放すことにして、2人で暮らすには丁度いい広さのハウスで暮らしています。
キッチン付きなので、自分たちで料理もできるし、コミュティ内にレストランもあるから食べに行くこともできる。
医療サービスもあり、出かけるために運転しなくていい。
田舎に住んでいると、買い物、病院、と生活のために運転しなくてはいけなくて、高齢になると危なくなってきますからね。
ここなら快適に暮らせそう、と思いました。 

大きな家で大きなツリーのクリスマス、はもうできなくなりましたが、テーブルに飾れるくらいの小さなツリーとプレゼントを持って集まりました。
メリークリスマス!


2017年12月22日金曜日

歯周病の歯磨き

去年歯周病にかかってしまい、歯医者に通い始めました。
歯茎の手術、抜歯、ディープクリーニングなど、治療費は年間$2000(約20万)近くも払いました。
歯周病は糖尿病のように一度かかると完治しないと聞きショックでしたが、せめて進行を抑えて改善させようと思い、今年は歯磨きに力を入れました。 

歯医者で歯の磨き方を習い、1、2本ずつ丁寧に磨くようにしました。
今までは磨いてるつもりでも、ポイントを押さえて細かくは磨けてなかったようでした。
プラークが残りやすい場所は
・歯茎と歯の間
・歯と歯の間
・奥歯の噛み合わせ
歯ブラシだけだと歯の表面しか磨けないので、フロス、隙間ブラシを使って磨きにくい箇所もお掃除。歯周病菌のエサになる食べカス、温床になる歯垢を残さないようにすることが重要。
忘れがちな奥歯の後ろも磨くこと。
寝てる間は唾液が減少し、口の中の細菌が増えやすくなるので、就寝前の歯磨きは念入りに。
歯の磨き方は、サイトや動画でも学べますね。
右が私の歯ブラシ、左が夫の歯ブラシ。
アメリカの歯ブラシはヘッドが大きくて、長さと幅が2倍くらいあります。
大きすぎて歯磨きしにくいので、日本に帰った時にいくつか予備を買っておきます。持って来なかった場合は、日系のお店やネットでも買えますね。
歯磨き粉は 歯医者さんで fluoride(フッ素)入りを勧められました。
オーガニック原料で動物実験をしていない Tom’s of Main のフッ素歯磨き粉を使っています。

フロスは 夫も使うので何種類かあります。普段は細いフロス、歯に挟まりやすいものを食べた後は、太いフロスを使っています。
隙間ブラシ。本体とブラシ。
太いブラシと細いブラシがあり、隙間の大きさに合わせて磨いてます。
ブラシを付け替えできるので、毛並みが崩れてきたら交換です。 

3ヶ月おきの歯周病クリーニング。
先日、今年最後の歯医者に行きました。
がんばって歯磨きした成果か、今年一年は虫歯も歯周病もありませんでした。
治療もなく、年に4回のクリーニング代のみ。
これも保険でカバーされて、co-pay(私の負担)はゼロでした(うれしい!)
毎日の小さな積み重ねの歯磨きで、口の中が健康になり、大きく節約できました。
ここで安心してはいけません。これからも続けなくては、また歯周病の症状が出てくるので、今後もまめにデンタルケアをしようと思います。

アメリカは医療費が高いので、できるだけ歯医者や病院のお世話になりたくありません。
いくら節約生活をしていても、病気になると一気にお金が吹っ飛んでしまうので、健康管理に気をつけたいと思います。