2017年3月24日金曜日

グレープフルーツの皮 入浴剤

冬はお風呂でゆっくり温まるのが楽しみな時間。
子供の頃、冬になるとみかんの皮をお風呂に入れていたのを思い出し、フルーツの皮を入れたくなって、グレープフルーツの皮を使ってみました。


・グレープフルーツを重曹でよく洗い、残留農薬を落とす。
・ネットに皮を入れてお風呂に浮かべる。

グレープフルーツのお風呂は、血行を良くして老廃物排出、むくみ解消、ダイエットに効果があります。精油が含まれているので保温にもなる。
皮を良く洗ったせいか、肌への刺激はなかったです。 

天然の爽やかな香りでリラックスでき、いつもより長めに浸かって温まりました。

2017年3月19日日曜日

コーヒー掃除用ソープ

月に一度石けん作りをします。
掃除用のコーヒーソープを作りました。
コーヒーは消臭効果があり自然の研磨剤にもなるので、出がらしと重曹も入れました。

 レシピ
キャノーラオイル 20%
ココナッツオイル 40%
パームオイル 40%
精製水 38%
EO スペアミント

硬くなりそうなレシピ。ココナッツオイルは肌への刺激が強いので20%以下が良いと聞いていましたが、個人差があるのでしょう。私は不都合がなく、使っている時に溶け崩れしにくいので、掃除用ソープはこの割合で作っています。
水の代わりに淹れたコーヒーを使いました。

型入れしてから半日(6時間)で固まり、切りました。
石けんを作り始めたばかりの頃の失敗談ですが、型入れ後は、固まるまで数日かかると思っていました。
ココナッツやパームの多い硬くなるレシピの石けんを型入れした時、翌日見ると、石のようにカンカンに固まっていました。大きな塊、切れないのでトンカチで割りました。なので、硬くなるレシピの場合は、固まりが早いので数時間おきにチェックするようにしています。
これから一ヶ月乾燥させます。


コーヒーは消臭効果だけでなく、美容にも良いようです。
カフェインは老廃物を取り除き、くすみやむくみを減らしてくれます。
コーヒーには、カフェイン以外にもビタミンや抗酸化成分が含まれていて、血行促進、肌を滑らかにしてくれます。
コーヒーソープで手荒れ防止しながら美肌になることも期待してお掃除してみます。

2017年3月10日金曜日

オレンジビネガー 掃除とリン酢

先日作ったオレンジの皮を漬け込んだビネガーで掃除をしています。

酢を使うと臭いが気になるので、どうも好きになれませんでしたが、オレンジの皮を入れると酢の臭いよりもオレンジの香りの方が強くなります。

爽やかな香りで掃除しやすいので、また作ってみました。
今度は大きめの瓶でオレンジ3つ分です。
2週間漬け込んだ後、コーヒーフィルターで漉して、スプレーボトルに入れて使います。


オレンジの皮にはリモネンという精油成分が含まれていて、柑橘系の爽やかな香りがあり、天然由来のクリーナーとして油分を分解します。
オレンジビネガーのクリーナーは、キッチンの油汚れ、ガス台やシンク、レンジの掃除などに役立っています。

掃除だけではなく、リン酢にも使ってみました。


私のヘアケア、石けんシャンプーとリン酢です。
髪を洗うのは、2、3日に一度。湯シャンを取り入れていて、石けんを使うのは、2、3回に一度。完全な湯シャンはできなくても、今はこのペースで、これからも石けんを使う頻度を減らしていけたら、と思っています。

リン酢だと臭いが強いので、今まではクエン酸を水で溶いたクエン酸リンスを使っていました。
オレンジビネガーのリン酢だとそれほどビネガー臭くないので、こちらで行ってみようとおもいます。

リモネンの効果は、香りでリラックスできるだけでなく、血行促進にもなります。
油の分解性が高く、毛穴に詰まった皮脂を落としてくれるので、頭皮ケア、育毛、白髪と抜け毛防止にもなります。

オレンジの皮は、掃除、ヘアケア、他にも使い道がたくさんあるようなので、調べて活用していきたいです。

2017年3月5日日曜日

グリーンスプリットピーのスープ

3月になりましたが、気温はマイナス続き。まだまだ寒い冬です。
我が家の冬の定番、グリーンスプリットピーのスープを作りました。
温かいスープで体をあっためよう。

グリーンスプリットピーは、乾燥したえんどう豆を半分に割った豆なので、スプリットピーと言います。
乾燥豆だけど、水に戻さなくてもすぐ調理できるので便利。寒い季節は常にストックしてあります。


豆、玉ねぎ、人参、セロリ、ジャガイモを入れたベジタリアンスープ。


煮込むと豆がトロトロに溶けて、グリーンのスープになります。
豆と他の野菜の甘さが調和した優しい味。
野菜だけだけど豆がベースなので満腹感もありおかず代わりになります。
大きな鍋に作って翌日もいただきます。





2017年3月2日木曜日

ヨガ

久々にヨガに行きました。

寒くて足が遠のき、冬は家でストレッチと筋トレを軽くしていましたが、自己流で短時間。やはりクラスに行くと違いました。

何度か深く呼吸すると、自然と背筋が伸びます。
呼吸に合わせてポーズ。呼吸に合わせて動きます。いつもは無意識な呼吸を意識することによって、意識を内側に向けて、自分の体と心を見つめなおします。

今日は上半身側面を意識した動きがメインでした。
日常生活では下向きな姿勢が多く、腕を大きく動かすことはないので、腕を伸ばして動かし、体の側面の筋肉を使いました。

体を動かす時は、無理せずに心地よいと感じることが大切。
ヨガに行くと、体はもちろん気分が晴れてすっきりします。

帰り道の空。

春に向けて体を動かそう。
またヨガに行こうと思います。





2017年2月28日火曜日

リキッドソープで食器用洗剤

初めてリキッドソープを作ってみました。

いくつかサイトを見たところ、レシピは様々。
オリーブオイルを使うレシピが多かったけど、食器用洗剤なので、オイルは安価なキャノーラオイルにしました。
廃油で石けんを作ってみたいのですが、家はフライものをする時に少量の油で焼くように調理するので、廃油が出なくて残念です。

キャノーラと泡立ちが欲しいのでココナッツオイルを入れました。硬くする必要がないのでパームやラードはなしにして、saponification calculator (鹸化の自動計算サイト) を参考に量を決めました。

*材料*
キャノーラオイル 70% ココナッツオイル 30%
精製水 38%
苛性カリ(potassium hydroxide / KOH)
ペパーミントのエッセンシャルオイル
クエン酸

※)苛性カリを使うので、固形ソープと同様触れないように気をつける。メガネ、ゴム手袋、袖のある服で作業する。

*作り方*
・スロークッカーにキャノーラオイルとココナッツオイルを入れて熱くする。ココナッツオイルが溶けてきます。

精製水に苛性カリ(potassium hydroxide / KOH) を入れて溶かす。最初は濁り、しばらくすると透明になる。


オイルも苛性カリ水も熱いうちに混ぜて(160F / 約70度)、ブレンダーで混ぜる。温度が低いと分離するので温度を下げないこと。


10分弱でトレースが出て、すぐにもったりしてきた。


・蓋をして30分スロークッカーでクッキング。


・ 30分後、マッシュポテト状態になった。


・全体を混ぜて、また蓋をして30分クッキング。これを3、4時間繰り返す。


・段々と外側から透明になってくる。混ぜるとまた白っぽくなるので、蓋をしてクッキング。


・全体が透明になるとソープ素地完成。タッパーに入れて一晩寝かせて保存。


・翌日に溶かします。スロークッカーに水を入れて熱くして、そこにクエン酸を入れて解けたらソープ素地を入れる。素地が溶けやすいように、塊をヘラで細かくして、蓋をして2時間程置く。
※クエン酸かboraxを入れると、中和されてphが下がり、濁らず透明なソープになる。とろみのあるテクスチャーになる。


・冷めたらペパーミントのエッセンシャルオイルを入れて混ぜ、空になった食器洗剤のボトルに注いで出来上がり!


以前からリキッドソープを作りたいと思いながらも作っておらず、ようやく重い腰を上げました。

固形石けんは、使っているうちに柔らかくなるので夫は好きでない。
手作り石けんは溶け崩れて見た目が悪いだけでなく、市販の石けんに比べると洗浄力が弱いので、これじゃ洗えないと使ってくれない。

私の石けんを横目に市販のリキッドソープを買う夫。
私は、市販の食器洗剤は手荒れや残留性があるからあまり使いたくない。

リキッドの作り方を覚書として記録しました。
これから先、いつまで作れるかわかりませんが、固形にしてもリキッドにしてもできる範囲で手作りしていけたらと思う。

2017年2月24日金曜日

ヘナ

ヘナで白髪染めをしました。

ヘナは白髪染めだけでなく、毛穴を開いて皮脂汚れを落としてくれるので、シャンプー代わりに髪と頭皮のケアができます。

また、色素成分のローソンは肝臓の解毒作用を手伝ってくれるため、体の浄化にもなります。定期的にシャンプー、体内デトックスとしてヘナを使っています。この場合は1時間ほどの短いヘナですが、終わった後は髪にハリとツヤが出ます。

今回はamazonで買った100% pure hena です。


*私流ヘナ白髪染め*

準備
・ヘナパウダー
・紅茶(コーヒーでも)
・サランラップ(ビニール袋でも)
・ゴム手袋
・汚れても良いタオル
・ユーカリ エッセンシャルオイル
・フェイスラインと耳の後ろに普段使用しているクリームを塗る。塗らないと肌に着いたヘナの色が薄く残り、数日取れないので忘れずに。


 ・ヘナパウダーを紅茶で溶いて、ヘナペーストを作る。マヨネーズくらいの固さになるように。固すぎると塗りにくく、柔らかすぎると垂れてきます。


・フェイスラインにクリームを塗り、前髪の生え際からヘナを塗ります。分け目にそって、毛先に向かって塗ると塗りやすい。左右と後ろの髪も塗る。


 ・全部塗り終えたところ。


 ・サランラップで頭を包み、ヘナが垂れてこないようにします。


・保湿効果を高めるために、上からタオルでカバー。このまま2〜5時間置きます。

シャンプーを使わずお湯だけで流します。お湯だけだときしむので、リン酢をします。
ヘナ染めの後は、ヘナを定着させるために、2、3日はシャンプーなしで湯シャンのみ。


ヘナをすると、白髪が茶色くなって目立たなくなり、パサついていた髪全体ににツヤが出てまとまります。

ヘナをすると毒素が排出されるせいか、夜はぐっすり眠れます。ヘナのローソニアアルバという成分が眠りを深くするのです。体がすっきりと軽くなり、気持ちもリラックス。
何と言っても100%天然の白髪染めなので、体に害がないのが一番です。