歯のクリーニング 歯周病ケア

3ヶ月に一度の歯のクリーニングに行きました。
私は歯周病なので、3ヶ月おきにクリーニングのアポが入ってます。
今回は歯周病の話なので、興味のない方はスルーしてくださいね。


過去に抜歯と根管治療を経験してから、もう痛い思いをしてお金を失いたくないと思っているので、歯医者さんで教えていただいた正しい歯磨きを続けてるつもり。

その後症状が出てこなくなり、歯磨きとフロスが効果あったと思っていました。
が、今回は、奥歯が丁寧に磨けてないのでまた汚れてきていますと。
歯科衛生士さんが歯の模型を出して、磨き方を実演してくださいました。
去年から新しくなった衛生士さんが、わかりやすく今の症状と磨き方を説明してくださるので助かってます。
その前の方はただ、brush your teeth(歯磨きしてください)を繰り返すだけだったので、家でひとり自己流の歯磨きを続けていました。
歯周病は悪化して最後に抜歯。正しいデンタルケアを知っていれば防げたのでは、と思ったりします。

歯周病の原因、プラークがつきやすい場所

・歯と歯の間
・歯と歯ぐきの間
・磨きにくい奥歯、内側
歯ブラシをまっすぐ当てると、普通に表面を磨けますね。
歯周病は歯と歯ぐきの間に汚れがたまるので、斜めにして、歯周ポケットの汚れを取るように磨くのがポイント。数本ずつ丁寧に小刻みにソフトに磨く。
私の場合、汚れを落とそうとして力を入れてゴシゴシ磨いていて、エナメルが傷ついて知覚過敏になっていました。
大切なエナメルが削れてしまい、肝心な汚れが取れてなかったというお粗末な歯磨きだったのです。

歯の磨き方は角度に気をつけよう

歯と歯の間をきれいにするには、歯ブラシだけではお掃除できないので、フロスと隙間ブラシを使うこと。表からも裏からも。
習ったように丁寧に磨くと結構時間がかかりますね。ついささっと終わらせてしまうことがありました。反省。

今回の汚れの場所を教えていただいたので、そこを意識して毎日の歯磨き気をつけていこうと思います。次回にはきれいになってますように。


****
ご訪問ありがとうございます。

0 件のコメント :

コメントを投稿