歯周病の歯磨きグッズ フロスと歯間ブラシ

歯周病は、歯と歯茎に歯周ポケットができて歯垢がたまることから始まります。
歯周ポケットが深くなると、歯茎が炎症を起こし、そのままにしておくと歯を支える骨がなくなり、最後には歯が抜けてしまうという恐ろしい病気です。

歯周ポケットを引き締めるために、歯と歯茎の間をよく磨くように、と歯医者さんからアドバイスをいただいています。
歯間の汚れは虫歯になるので、フロスと歯間ブラシを使うようにして、歯ブラシだけでは磨きにくい隙間部分を磨き、虫歯と歯周病を防ぎましょう。

スポンサーリンク

フロス

フロスは、歯と歯に残った食べ物かすを取り除きます。糸部分を歯と歯の間に入れて、上下させて、歯ブラシでは落としきれない汚れを落とします。
F字型やY字型だと、ロールと違って指に巻きつけなくてもいいので、このまますぐ使えます。始めたばかりで使い慣れないなら、こういうタイプから入ると磨きやすいと思います。

使い方は、
・鏡を見ながら、歯と歯の間に糸部分を上からゆっくり入れます。強い力で入れると歯ぐきを傷つけるかもしれないので、そっと入れること。
・両方の歯の面の汚れを糸でなぞって取り、糸を歯間から取り出します。

糸巻きタイプのロール型だとより経済的です。
使い方は、
・両手の中指に糸を巻きつけて、糸をピーンと張り、歯と歯の間に糸部分を上からゆっくり入れます。
・両方の歯の面の汚れを糸でなぞって取り、糸を歯間から取り出します。

最初はやりにくかったり、糸が切れてしまったりします。
何度か繰り返すと、糸を入れる角度や糸の動かし方のコツが身についてきます。鏡を見ながらゆっくりと磨くと良いと思います。
https://amzn.to/2Ug74Kq
細いフロスだと痛かったり、汚れを取りこぼす感じがしますが、柔らかくて幅のあるフロスだと痛くないし、ガッツリ汚れを取ってくれます。
横幅があるので、隙間の大小に関係なく、歯と歯の隙間の汚れをしっかりと取り除いてくれます。
https://amzn.to/2Ug74Kq
Y字型やF字型、ロールタープ、両方備えて在宅中も外出先でも、食後は歯間のお掃除をしましょう。

歯間ブラシ

歯周病には欠かせない歯間ブラシ。
歯間ブラシは、歯と歯の間の根元部分に差し込んでブラッシングすることで、根元の三角の隙間の汚れを落とします。
小さいサイズだと携帯できるので、ポーチに入れて持ち運び、外食時に歯に詰まった汚れをさっと取り除けます。

取っ手が長いのは家用、これも歯ブラシ感覚で使いやすいです。
歯間ブラシのサイズは、大中小と3種類揃えて、歯の隙間サイズに合わせて使っています。

本体と3種類の(太、中、細)先端ブラシ付きの隙間ブラシを使っています。
大きさはこれくらい。
前歯は隙間が狭く、奥歯は大きいので、場所に合わせて隙間を磨きます。

使い方は、
・鏡を見ながらブラシを歯間の根元部分の三角に挿入し、前後にゆっくりと動かし2、3回ブラッシングします。
・奥歯の歯間は挿入しにくいので、鏡を見ながら歯ぐきを傷つけないように歯間にブラシを入れて磨きます。
・できれば、外側と内側の両方から磨くと効果があります。(できなければ片方でOK。無理をしないこと。)
きつすぎたりゆるすぎたりせず、違和感なく動かせるサイズを使いましょう。
このブラシの組み立て方です。
歯ブラシと同じように、使用後は洗って乾かして使い、ブラシの形が崩れてきたら取り替えます。
取り替え用に、リフィルのブラシを準備しています。

ワイド(太)

モデレート(中)

タイト(細)

歯間ブラシとフロスは、歯ブラシだけでは磨きにくい歯垢のたまりやすい箇所をお掃除できる、オーラルケアの必須アイテムです。
歯の隙間は大きかったり小さかったり様々。自分の歯間に合ったサイズを見つけて、歯間の汚れをこまめに磨きましょう。

 歯周病ケアは毎日の歯磨きで改善を

フロス、歯間ブラシを使って、歯ブラシだけでは磨きにくい隙間部分を磨くと、歯周病の改善と予防に役立ちます。
電動歯ブラシを使うと、より早くて効果のある磨き方ができます。

Oral-B の電動歯ブラシは、手では磨けない速度と回転のブラッシングで、歯茎キワの歯垢を3倍の効力で取り除いてくれます。ステイン除去にも効果大です。
フロスと歯間ブラシを使って歯磨きを続けると、歯周ポケットが小さく引き締まってきました。
歯周病改善には、歯ブラシと小道具を使って、毎日の歯磨きを丁寧に行うことが大切だと思います。
歯周病で悩むみなさん、歯周病の改善を目指して歯磨きがんばりましょう!
スポンサーリンク


****
ご訪問ありがとうございます。
関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿

関連記事