洗顔石けん

今年も最後になりましたね。
クリスマス明けに夫が休みに入ったので、片付けを手伝ってくれました。
不用になった大きな家具をリサイクルに出したり、古くなったカーペットを剥がしたり、日頃一人ではできなかったことができて、大分すっきりしました。気分よく新年を迎えられそうです。
スポンサーリンク

ところで、4月に作ったオリーブオイル100%の洗顔石けん、良い使い心地ですが、ふと在庫を見ると、いくつかの石けんに茶色っぽいしみができていました。
いわゆるDOS(Dreaded Orange Spots / ひどいオレンジスポット)ですね。
酸化して変色してしまったようです。
臭いはなくて使えるけど、石けんなのに清潔感がないですよね。
見るたびにスポットが広がっているので、手洗い用に下ろして早く使い切ったほうが良さそう。
新しく洗顔石けんを作ることにしました。 

酸化の原因を調べてみました。
・不飽和脂肪酸のリノール酸、リノレン酸が多い
・不飽和脂肪酸が多く、溶け崩れしやすい石けんレシピ
・古いオイル、品質の悪いオイルを使用
・スーパーファットが多すぎる
・日光の当たる場所、湿度、温度の高い場所での保存

酸化を防ぐためには
・新しいオイルを使う。お店の棚に長く置いてあるオイル、安くなっているオイルは、品質が良くない可能性があるので注意。グレードの高いもの、名の通った石けんの専門店なら信用がおける。
・酸化しにくいオイルを使う
・スーパーファットを入れすぎない
・日光を避けて、通気性があり涼しい場所で保存する

オリーブオイルはオレイン酸が主成分、ビタミンEも含んでいるので、酸化しにくいオイル、と思っていました。
私の行くお店(トレジョ)には10種類くらいあり、オリーブオイルと言っても、種類によってかなり成分と効果が違うらしい。
前回は料理には使わない安価なピュアオリーブを使いました。
これが原因だったのかもしれないです。 

今度はエクストラバージンオイルを使ってみました。
今までは、高い、石けんなのにもったいない、と考えていましたが、一般の洗顔石けんを買うことを考えると、そうでもありませんね。
節約も兼ねて始めた石けん作りでしたが、洗顔石けんにいたっては、あまり費用をケチらない方がいいかも。
ココアバターを入れ、前回よりも溶け崩れしにくいレシピにして、小さな石けんを4つ作ってみました。
作る量を少なくして、古くなる前に使い切るのもコツかなと思いました。
3日で型出しできました。
エッセンシャルオイルはなしだけど、ココアバター入りなので、ほんのりとココアの甘い香りがします。
これから熟成、乾燥に入ります。
今度は酸化スポットができませんように。

****
今年一年ご訪問、応援くださってありがとうございました。
拙いブログですが、書くことで記録にもなるし、暮らしの気づきというか、生活のハリにもなったように思います。来年は、もっと更新できるといいです。
大晦日の今日、こちら東海岸はマイナス20度で凍てつく寒さです。アメリカの方も日本の方も、暖かくしてお過ごしくださいね。
どうぞ良いお年をお迎えください。
スポンサーリンク
関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿

関連記事