オリーブオイル100%の石けん

お風呂で石けんをほとんど使わなくなってから、石けんを使うのは手洗いと夜の洗顔だけになり、石けんが減らなくなりました。
たいてい月1回石けんを作っていたけど、しばらくは作らなくてもストックで足りました。
スポンサーリンク

そろそろ石けんを作ろうということで、久しぶりにオリーブオイル100%の石けんを作りました。
ココナッツオイルとパームオイルを入れずに、オリーブオイルだけだと、泡立ちが控えめで溶け崩れやすい石けんになります。でも他の石けんにはないほど肌にしっとりした洗い上がりになるので、洗顔にちょうどいいのです。
固さと泡立ちはそれほどなくてもいいかなと思います。

キャスティールソープは、スペインのキャスティール地方で作られていた歴史のある石けんで、オリーブオイル100%か、オリーブオイルを80%以上メインに使う石けんのことを言います。
泡立ちは控えめだけど、肌に優しくつっぱらないしっとりした保湿石けんになります(soap queen より)

ココナッツオイルとパームオイルを入れた石けんよりも、トレースが出るまでと、型出しするまでの仕込みの時間がかかります。
型入れしてから1週間で切りましたが、中はまだ柔らかくて粘土っぽかった。もうしばらく置いた方が良かった固さでした。 うっかり一つ床に落としたら、グシャッと潰れてしまったので、手で丸めて丸い石けんにしてみました。これくらいの柔らかさです。


キャスティール石けんは、鹸化が遅いので、3~4ヶ月熟成させてから使います。半年、一年待つと、硬さも出てより使いやすくマイルドになります。
仕込みも熟成期間も長いけど、急ぐ必要もないのでのんびり待とう。それだけに使う楽しみも大きくなります。
スポンサーリンク

****
ご訪問ありがとうございます。

関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿

関連記事