オレンジの皮と酢で all purpose cleaner

オレンジの皮と酢でオールパーパスクレンザーを作りました。

まず残留農薬を落とすために、水張ったボールに、酢をスプーン2、3杯入れ、オレンジの皮を入れます。
10〜5分たったら水でよく流します。
酢を入れると水だけで洗うよりも汚れが落ちるし、残留農薬も落ちます。
果物や野菜の残留農薬を落とすには、酢、塩、重曹が使われています。

オレンジの皮を瓶に入れ、ホワイトビネガーを注いで密封し、2週間置きます。


透明だったビネガーが色がオレンジに染まり、薄いオレンジ色になりました。

オレンジの皮にはリモネンという成分が含まれていて、油汚れを分解してくれます。
オレンジビネガーを使うと酢だけよりも汚れが落としやすくなり、匂いもオレンジで爽やかに。

スプレーボトルに入れて、お風呂の水垢、フロア、油汚れ、など何でも使えます。
私は石けんシャンプーなので、リン酢にも使っています。

オレンジの代わりに、柑橘系のフルーツのライム、レモン、グレープフルーツの皮でも作れるので、今度手に入ったら作ってみよう。

****
ご訪問ありがとうございます。

0 件のコメント :

コメントを投稿