白髪染め NATURTINTで自然なヘアケア

生え際の白髪が目立ってきたので、白髪染めをしました。
いつもはヘナを使っていますが、時間短縮したくて NATURTINT(スペインのPHERGAL社)を使ってみました。
オーガニックストアのホールフーズで購入。
植物由来の成分を使用していて、髪と頭皮に優しく自然なヘアケアができるというのが良いですね。


スポンサーリンク


NATURTINTに使用されていないもの
アンモニア
パラベン
レゾルシノール
香料
重金属
シリコン
鉱物油
ラリウム硫酸ナトリウム
ホルムアルデヒト
パラフィン
動物実験


白髪染め NATURTINTの使い方

パッケージに入っているもの




・A液 colorant(小ボトル)
・B液 color developer (大きいボトル)
・ビニール手袋
・シャンプー 15ml/0.51oz
・コンディショナー 15ml/0.51oz
・CCクリーム リーブインコンディショナー 15ml/0.51oz(洗い流さななくてもよいコンディショナー)
・説明書

この写真ではシャンプーのパッケージの文字が反射して読みにくいけど、「SHAMPOO」「CONDITIONER」「CC CREAM LEAVE-IN CONDITIONER」と分かりやすく書いてあります。
※ 2018年8月12日撮影のものです。2017年1月の時は、リーブインコンディショナーがなかったので新しく追加されたようです。

自分で準備するもの


・白髪染めを髪になじませるブラシかくし
・ケープかその代わりになる肩をカバーするもの
・床に敷く古新聞など
・一度に全部を使わない場合は、ガラスかプラスチック容器と混ぜるスプーンなど(金属容器は使わないでください)
・染めてる時間に頭を巻くシャワーキャップかサランラップ


白髪染め NATURTINTを始める前の準備

始める前にバッチテストでアレルギーをチェック

白髪染めをする前にバッチテストをして、アレルギーがないことを確認してから始めましょう。
天然由来の成分とは言え、人によっては合わないこともありますからね。
今まで何ともなかったのに急にアレルギーがでることもあるので、 バッチテストは使う度に毎回したほうがいいそうです。

バッチテストのやり方

・小皿にA液とB液を少しずつ出して綿棒で混ぜる。
・腕の内側や耳の後ろなど目立たない場所に、コインくらいの大きさで塗る。
・30分後にアレルギーが出なければ拭き取る
・そのまま48時間おく。(お風呂に入る時はできるだけ流さないようにする)
・48時間後に赤み、刺激、かぶれなど出なければ大丈夫。

アレルギーは、塗ってすぐに発症するものと時間が経ってから発症するタイプがあるそうです。
そのため白髪染めやヘアカラーを使う時は、48時間前に2回パッチテストをして肌に異常がないか確認してから使うのがおすすめだそうです。

液だれ、シミをつけないために

・付属のビニール手袋をして、肩をケープか汚れてもよいタオルなどで覆って準備。
・額、耳の後ろなど髪の生え際にクリームを塗って肌を守る。
・床に古新聞など敷いて、こぼれた場合にシミにならないようにする。


白髪染め NATURTINTの使い方

説明書によると、清潔で乾いた髪がよく、スタイリング剤はつけないほうが効果があるようです。
髪を洗った翌日が望ましいらしい。
洗髪した翌日は、髪が清潔な状態でありながら頭皮から皮脂がほどよく分泌されるため、髪を染めている時間の頭皮を刺激から守るようです。
始める前に髪をとかして汚れやもつれを取りましょう。

2つの液体を混ぜて白髪染め液を作る

・A液 colorant(小さなボトル)をB液 color developer(大きなボトル)に入れて、2分シャカシャカよく混ぜる。

ショートヘアや根元だけ染めたい場合は、ガラスかプラスチック容器に2つの液を1:1の割合で混ぜて使います。金属容器は避けてくださいとのことです。
ボトルの蓋をしっかりと締め保存し、次回使います。
私はショートなのでAとBを半分ずつ容器に入れて混ぜました。

消費期限は箱の底に書いてあり、8/12/2018に購入した商品の消費期限は、2022年11月でした。今から4年3ヶ月あります。

染める作業

・混ぜ終わったら時間を置かずにすぐに使う。
・髪につけてまんべんなくなじませる。
・シャンプーハットかラップで頭を包み液だれ防止。
・30〜40分おく。万が一刺激を感じたら我慢せずすぐ洗い流して中止する。

染めた後の洗髪

・ビニール手袋をしてお湯で白髪染めをきれいに流す。
・備え付けのシャンプーで泡立てて洗髪する。
・コンディショナーを髪につけて2〜5分置いて流す。
・タオルドライした髪にリーブインコンディショナーを髪になじませる。

シャンプーは透明、コンディショナーとリーブインコンディショナーは白のクリーム状。
市販のシャンプーのようによい香りでした。
髪がきしむこともなく使いやすく、終わった後は髪がつやつやになり指通りもスムーズになりました。

スポンサーリンク




白髪染め NATURTINTを使った感想

アンモニア臭や頭皮の痒みやピリピリする刺激もなく、30分で白髪がムラなくきれいに染まりました。
たった30分でしっかり色が入るところがヘナと違うなと思いました。

染めた後にシャンプー、コンディショナー、リーブインコンディショナーを使って髪を保護すると髪がサラサラになります。

色は濃い目の茶色のChesnut Brown 3Nを使いました。
染め上がりはかなり黒に近いダークブラウンで、光の加減で少し明るい色に見えます。

完全なオーガニックではないけど、ほとんど有毒な原料が使われていないので、髪と頭皮に負担のかからない白髪染めです。
ヘナよりも準備と置き時間が短く手軽に白髪がカバーできるので、時間をかけずにさっと染めたい時はこういうのを使いたいですね。

※ 2018年8月12日にこの商品をもう一度使ったので、写真と記事を追加しました。


スポンサーリンク
****
ご訪問ありがとうござます。

0 件のコメント :

コメントを投稿