ヘナ白髪染め

生え際の白髪が目立ってきたので、ヘナで白髪染めをしました。
ヘナは、インドで古代から自然の染料として使われており、天然の成分から作られているので髪と頭皮に優しく育毛効果もあるようです。


以前は普通の白髪染めを使っていましたが、頭皮に刺激があり、薬品臭が苦手でした。
皮膚から吸収される経皮毒のことを知り、直接頭と髪に触れる白髪染めは、自然成分のものを使いたい、と思うようになりました。
 

 経皮毒(経皮毒)とは、日常使われる製品を通じて、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されること (wikipediaより) 


スポンサーリンク


私流ヘナ白髪染めのやり方 

ヘナガイ100%ピュア&ナチュラル ヘナパウダーを使いました。



・ケミカルフリー
・PPD(パラフェニレンジアミン)フリー
・メタリックソルトフリー
・アンモニアフリー
・農薬フリー
・保存剤フリー
・動物愛護


ヘナ白髪染めの準備


・ヘナパウダー
・紅茶かコーヒー
・ビニール手袋
・ヘナを入れる容器と混ぜるスプーン
・ケープか代わりになるもの
・髪の生え際(額や耳周り)に塗るクリーム
・頭を巻くビニールキャップ(私は持ってないので、サランラップで代用)
・汚れないように下に新聞をひく


ヘナ白髪染めの手順

シャンプーは不要


ヘナは汚れと油を落とす力があるので、シャンプーは不要。
ヘナ自体に洗髪効果があるので、ヘナ前にエクストラバージンオリーブオイルやホホバオイルでマッサージしてからヘナ白髪染めをすると、髪がバサバサになるのを防いでくれます。

ヘナペーストを作る

ヘナに温かい紅茶かコーヒーを加えます。
紅茶やコーヒーは、ヘナの匂いを抑えてくれ、ヘナの定着をよくすると言われています。
よく混ぜて、ダマがなくしスムーズなペーストにします。
マヨネーズくらいの柔らかさになるまで混ぜます。
水分が多いと液だれするので、ゆるくなりすぎないようにするのがポイントかな。
ユーカリの精油を入れるとヘナの着色が上がり、ヘナ臭カバーにもなるので入れてみました。 (ヘナ遊さんのサイト参考

ヘナペーストを髪に塗る


ビニール手袋をして、ケープをつけ、肌に着色しないように髪の生え際にクリームを塗ります。
ヘナペーストを少しずつ髪につけていきます。
生え際からつけると全体に伸ばして塗りやすいですよ。


サランラップかビニールキャップで頭を巻き、タオルで保温する


塗り終わったら、ヘナがたれないように頭をサランラップかビニールキャップなどで頭をぐるぐる巻きにします。
その上から保温と保湿とヘナの漏れ防止に、汚れてもいいタオルを巻きます。
3時間そのままにして、シャンプーなしでお湯だけで洗い流します。 


ヘナ白髪染めの効果と感想

根元に目立っていた白髪がオレンジ色に染まり、黒に紛れてわかりにくくなりました。
ヘナを使った感想は、白髪隠しだけでなく、ボサボサだった髪全体にハリとツヤが出ました。ヘアトリートメントしたようです。
ヘナは臭いが強いと評判のようですが、草のような匂いがします。
一般のヘアケア商品にはない匂いのため、好き嫌いがあると思います。
ヘナにユーカリ精油を入れたので、草の匂いは軽減された感じですが、私は作られた香りよりも、ヘナの匂いの方が自然で好きです。

ヘナ白髪染めは、市販の白髪染めよりも手間と時間がかかりますが、髪と地肌に優しいので、これから続けていこうと思います。



****
ご訪問ありがとうございます。
関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿

関連記事