2017年2月28日火曜日

リキッドソープで食器用洗剤

初めてリキッドソープを作ってみました。

いくつかサイトを見たところ、レシピは様々。
オリーブオイルを使うレシピが多かったけど、食器用洗剤なので、オイルは安価なキャノーラオイルにしました。
廃油で石けんを作ってみたいのですが、家はフライものをする時に少量の油で焼くように調理するので、廃油が出なくて残念です。

キャノーラと泡立ちが欲しいのでココナッツオイルを入れました。硬くする必要がないのでパームやラードはなしにして、saponification calculator (鹸化の自動計算サイト) を参考に量を決めました。

*材料*
キャノーラオイル 70% ココナッツオイル 30%
精製水 38%
苛性カリ(potassium hydroxide / KOH)
ペパーミントのエッセンシャルオイル
クエン酸

※)苛性カリを使うので、固形ソープと同様触れないように気をつける。メガネ、ゴム手袋、袖のある服で作業する。

*作り方*
・スロークッカーにキャノーラオイルとココナッツオイルを入れて熱くする。ココナッツオイルが溶けてきます。

精製水に苛性カリ(potassium hydroxide / KOH) を入れて溶かす。最初は濁り、しばらくすると透明になる。


オイルも苛性カリ水も熱いうちに混ぜて(160F / 約70度)、ブレンダーで混ぜる。温度が低いと分離するので温度を下げないこと。


10分弱でトレースが出て、すぐにもったりしてきた。


・蓋をして30分スロークッカーでクッキング。


・ 30分後、マッシュポテト状態になった。


・全体を混ぜて、また蓋をして30分クッキング。これを3、4時間繰り返す。


・段々と外側から透明になってくる。混ぜるとまた白っぽくなるので、蓋をしてクッキング。


・全体が透明になるとソープ素地完成。タッパーに入れて一晩寝かせて保存。


・翌日に溶かします。スロークッカーに水を入れて熱くして、そこにクエン酸を入れて解けたらソープ素地を入れる。素地が溶けやすいように、塊をヘラで細かくして、蓋をして2時間程置く。
※クエン酸かboraxを入れると、中和されてphが下がり、濁らず透明なソープになる。とろみのあるテクスチャーになる。


・冷めたらペパーミントのエッセンシャルオイルを入れて混ぜ、空になった食器洗剤のボトルに注いで出来上がり!


以前からリキッドソープを作りたいと思いながらも作っておらず、ようやく重い腰を上げました。

固形石けんは、使っているうちに柔らかくなるので夫は好きでない。
手作り石けんは溶け崩れて見た目が悪いだけでなく、市販の石けんに比べると洗浄力が弱いので、これじゃ洗えないと使ってくれない。

私の石けんを横目に市販のリキッドソープを買う夫。
私は、市販の食器洗剤は手荒れや残留性があるからあまり使いたくない。

リキッドの作り方を覚書として記録しました。
これから先、いつまで作れるかわかりませんが、固形にしてもリキッドにしてもできる範囲で手作りしていけたらと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿