2017年2月22日水曜日

アンモニアと重曹でナベ底の汚れ落とし

アンモニアを使ってナベ底の汚れを落としました。

古い鍋とは言え、ひどい底になってしまっています。
もう捨てて新しいのを買おうかとも考えましたが、アンモニアと重曹でお掃除しました。

BEFORE

・キッチンペーパーで鍋底をカバーし、アンモニアを含ませる。


 ・アンモニアは揮発性が強く乾きが早いため、サランラップでカバーする


 ・このまま一晩置く。


 ・翌日、ラップとペーパーを取り除く。ペーパーに汚れが付着しているのがわかる。


・アンモニアを含んだキッチンペーパーでナベ底を拭うと、するりと汚れが取れた。
汚れが浮き上がったのでしょう。スポンジでこすらなくてもよく楽に落ちました。


 ・続けて汚れを拭うときれいな底が現れてきた。


・ベーキングソーダ(重曹)をふりかけ、デコボコした箇所の細かい汚れをこすり取る。

AFTER

強い洗剤を使わなくても、アンモニアで油汚れと焦げを浮かせて掃除ができました。

キッチンは油でべたついて汚れやすく、強い洗剤を使用していました。
このナベも強力な洗剤じゃないと落ちないだろう、と思っていましたが、アンモニアと重曹が良いお仕事をしてくれました。

安価で安全な素材で掃除できるのは良いのですが、唯一の欠点は、アンモニアの刺激臭が強いこと。
最初は目が痛くなり涙が出て、うっかり吸い込むと息ができなくなったので、作業中は窓を開け、マスクとメガネをしました。

アンモニアは臭いに気をつけて、これからも自然なものを使って掃除をしていきたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿